魚料理

鰯(イワシ)への愛が止まらない!

イワシは、海に隣接する領域をもつほとんどの文化において主要な蛋白源の一つである。日本では刺身、にぎり寿司、塩焼き、フライ、天ぷら、酢の物、煮付けなどにして食用とする。稚魚や幼魚はちりめんじゃこ(しらす干し)、釜あげ(釜あげしらす)や煮干しの材料になる。欧米でも塩焼き、酢漬け、油漬け、缶詰(アンチョビ)などで食用にされる。水揚げ後は傷みやすいので、干物各種・缶詰・つみれなどの加工品として流通することが多く、さしみ、寿司など生食される日本の食べ方は驚かれる。

栄養面では、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を豊富に含む。CoQ10も含まれる。その一方でプリン体も多量に含むため、高尿酸血症(痛風)の患者やその傾向にある者は摂取を控えるように言われることもある。

卵の卵による卵のための卵料理。前のページ

カフェスイーツへの片思い。次のページ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

最近の記事

  1. カフェスイーツへの片思い。
  2. 鰯(イワシ)への愛が止まらない!
  3. 卵の卵による卵のための卵料理。
  4. 自己ロマンの投影とそれへの陶酔。
  5. 女の子をダメにするパンケーキ。

アーカイブ

  1. パイ

    くちずさみたくなるアップルパイ
  2. パンケーキ

    女の子をダメにするパンケーキ。
  3. カフェ

    カフェスイーツへの片思い。
  4. 自己ロマンの投影とそれへの陶酔。
  5. 卵料理

    卵の卵による卵のための卵料理。
PAGE TOP