パンケーキ

女の子をダメにするパンケーキ。

イギリスのパンケーキは日本や北米と同じく材料に卵・小麦粉・牛乳を使うが、牛乳が多いために生地がより水っぽい。また、膨張剤を入れないので、フライパンなどで焼いても膨らまず、フランスのクレープに近い、薄いホットケーキになる。色は薄い茶色で、泡の跡が焦げ茶色に残る。砂糖をまぶしたりシロップをかけてデザートとして供するほか、他の食物を巻いて食事として食べることもある。同じ生地でヨークシャー・プディングが作られる。

ドイツのプファンクーヘン(ドイツ語: Pfannkuchen)は、イギリスのものと同様である。ジャム入りドーナツをプファンクーヘンと呼ぶ地域では、アイアークーヘン(Eierkuchen:卵ケーキ)と呼ばれる。このほか、クレープに似たパラチンケ(Palatschinke)やプリンゼン(Plinsen)もある。

くちずさみたくなるアップルパイ前のページ

自己ロマンの投影とそれへの陶酔。次のページ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

最近の記事

  1. カフェスイーツへの片思い。
  2. 鰯(イワシ)への愛が止まらない!
  3. 卵の卵による卵のための卵料理。
  4. 自己ロマンの投影とそれへの陶酔。
  5. 女の子をダメにするパンケーキ。

アーカイブ

  1. パンケーキ

    女の子をダメにするパンケーキ。
  2. 自己ロマンの投影とそれへの陶酔。
  3. カフェ

    カフェスイーツへの片思い。
  4. パイ

    くちずさみたくなるアップルパイ
  5. 魚料理

    鰯(イワシ)への愛が止まらない!
PAGE TOP