卵料理

卵の卵による卵のための卵料理。

卵は生命、復活の象徴として、しばしば取り上げられる。例えばキリスト教の祭日である復活祭では、鶏卵を色とりどりに塗った「イースター・エッグ」を作る風習がある。

また、卵には「未熟だけれどもこれから成長の見込みがある」というイメージがあり、日本語では日常的に「学者の卵」とか「画家の卵」のように初心者、駆け出しの者を意味する場合に用いられる。この事情は英語でも似通ったところがあるが、やや侮蔑的な「青二才」の意味を持つので、むしろ「ひよっこ」(ヒヨコ)と語感が似ている。

さらに茹でた鶏卵の殻を取り除いた姿が白くつるつるしていることの連想から、時に官能的なニュアンスを伴って「卵の剥き身のような柔肌」などという言葉が比喩的に使われることもある。

生卵が非常に割れやすい事から、脆い物の象徴としても使われる。

自己ロマンの投影とそれへの陶酔。前のページ

鰯(イワシ)への愛が止まらない!次のページ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

最近の記事

  1. カフェスイーツへの片思い。
  2. 鰯(イワシ)への愛が止まらない!
  3. 卵の卵による卵のための卵料理。
  4. 自己ロマンの投影とそれへの陶酔。
  5. 女の子をダメにするパンケーキ。

アーカイブ

  1. 魚料理

    鰯(イワシ)への愛が止まらない!
  2. 自己ロマンの投影とそれへの陶酔。
  3. パイ

    くちずさみたくなるアップルパイ
  4. カフェ

    カフェスイーツへの片思い。
  5. 卵料理

    卵の卵による卵のための卵料理。
PAGE TOP